こんにちは!

 

自由な資金繰りとビジョン達成を叶える専門家、キャッシュフローコーチの加藤です。

 

今回の銀行が中小企業を評価している『銀行格付』、今週は「債務償還年数」をご紹介します。

 

債務償還年数とは

 

「債務償還年数」は項目で言うと「返済能力」の項目になります。

 

銀行に返済能力があると思われるとなんだか貸してくれそうですよね?笑

 

『有利子負債』である借入金と社債の合計を『簡易キャッシュフロー』と呼ばれる営業利益と減価償却費で割った数字です。

 

どういうことかというとの今返さなきゃいけない借入を今期の会社にのこったお金を毎期稼ぐことが出来たら何年で借入が返せるかという意味になります。

 

1年以内ですと満点、20年を超えてしまうと1点です。

 

ですが、この項目、利益と減価償却費がマイナスのケースもよくあるわけです。マイナスの場合は評価のしようがないので0点になります。

 

この「債務償還年数」というのは実は結構大切で仮に決算書の数字が悪くてもその後の改善計画などで10年以内までこの指数が抑えられることが銀行に示すことが出来たら融資の可能性がぐっと拡がります。

 

そういった資料作りや計画を一緒に考えることが私の仕事でもあります。

 

作るのが不安な方はどうぞ遠慮なく仰ってくださいね。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
ビジョン達成サポーター
~自由な資金繰りとビジョン達成を叶える専門家~
Ascension(アサンシオン)
キャッシュフローコーチ®/資金繰り改善コンサルタント/ファイナンシャルプランナー
加 藤 貴 司
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

無料でブログを購読できます

お電話
お問い合わせ